software development
Fontsize:
会社案内
代表からのメッセージ






■シリーズ:"心に少しでも残れば幸いです" その1■

基幹システムを導入済みで 現場システムについて悩まれているお客様へ


私がIT業界に足を踏み入れて十数年、通算で約500社、さまざまなお客様とお話しする機会がありました。
もちろん当社業務としてお話を伺うので、その話はトレーサビリティがらみの在庫管理テーマが多くの比率を占めます。
その中で多くのお客様にいえる共通の悩み、「在庫管理」。
今回はこの「在庫管理」について、綴ってみたいと思います。

■本当に在庫管理してますか?

基幹システムに在庫管理を入れて「成功しているお客様の事例」は正直伺ったことがありません。
かなり刺激的な切り口でしたね。
といっても、経営企画、いわゆる<お帳面>から見ればもちろん、BS(貸借対照表)もPL(損益計算書)も問題なく計上されていてバッチリ。
こんなお客様はもちろんたくさんいらっしゃいます。
、、しかし、月末の棚卸しのお話を伺うと、一気にそのトーンは様変わり、。

「在庫にあわせて棚卸をしている」

「棚卸が合わない」

「そもそも棚票は手書きで月末に~」

そうなんです、現場の作業者レベルではとても在庫管理できているとは言えないんですね。

私がお話したいことはここの部分、「現場レベルの在庫管理」です。
確かに棚卸でデータが取る事が出来れば、月次帳票の要素は揃うかもしれません。
ただ、それって「在庫管理」ではないですよね。
棚卸し在庫をまとめているだけのつまり、「在庫報告」です。

基幹システムに機能としては取り込んだものの、活用はされていない
事例が圧倒的に多いのです。というか、それしか聞こえてきません。

話が長くなりました、そんな意味で在庫管理できている会社は
皆無です。ホントに少ない。

安心してください、皆さん同じような課題で悩まれています。
そして、今後の悩みはこうです。

会社としてももちろん、取引先様からの要望も日々スピードが求められるようになり、
トレーサビリティの観点からもより詳細な情報を求められ、
使用部材や材料の管理もそろそろ目をつぶれない状況になってきている。

なかなかどのように進めてよいかわからないテーマですよね。
今もそういったことでお悩みで、
この文章を読んでいただいている方もいらっしゃるかもしれません。

■基幹システムにおける現場システム構築の限界

さあ、どうしますか?
現場機能を盛り込んで、基幹システムで再構築しますか?
すでに検討始めていますか?
、、結果どうでした?
非常に満腹感一杯のシステム構築費用でなかったのではないでしょうか?
このままではいけないと取り組みを始めたものの、
費用面との兼ね合いと、何とかなっている現状で
課題としてのびのびになっていることもしばしばです。
ただ、早急に解決しなければならないテーマです。
正直にお話させて頂きます。
基幹システムで現場の在庫管理を構築することは非効率です。

確かに、「一元化」という表現は素晴らしく魅力的で、スマートな印象がありますよね。
何度も言うように、基幹系に在庫管理システムを導入されて成功されている会社さんはごくごく僅かです。
全体の0.2%ぐらいではないでしょうか。(今井訪問顧客先インタビューからの脳内調べ)

「なにをバカなっ!!我が社は成功してますよ!!!」って、そんな息巻かないで下さい。

もう一回言います。

月末、御社の現場社員さんは残業していませんか?

月末、管理帳票が出てくるまでに数日掛かっていませんか?

いや、それで成功していると言えるならばそれで良しとしましょう。
上記に記載した 今井の脳内調べの比率は確実に 20%ほどに上昇するでしょう。

でも、本当は悩まれているはずです。

もっと効率的な方法で業務を行いたいって、、
もっと楽をさせてあげたいって。

会計が主流となっている基幹システムと現場システムは全く別物と考えてください。

今求められる現場システムの姿へ(続く)>>>>