software development
Fontsize:
会社案内
代表からのメッセージ







■2022年 心構えにつきまして■

皆様、あけましておめでとうございます。
2022年となりました。

コロナ禍で迎える新年も今回で2回目。昨年は、私たちの日常の生活だけでなく、必要物資の不足も散見し あたりまえのものがあたりまえでなくなる事が資材共有にも影響するようになりました。
しかしながら、幸いなことに後半にかけ日本経済は徐々に日常を取り戻してきているように感じます。

さあ、今年はどんな一年にしていきましょうか、様々な事に思いを巡らせます。

IT業界は日進月歩、いろいろ新しい技術を目にします。なかでも、私たちの自動認識という業界、この中で特筆すべきは 新たなAndroidOSを軸とした小型機の台頭ではないでしょうか?
いままではパソコンを中心にコントロールし、情報を収集、活用するこんな構成が当たり前でしたが、この小型機が浸透することにより盤石であった、パソコンとの構図が変わってくる事に目を向けなければなりません。
マスタや指示などのデータはクラウド経由で、小型機でクラウドデータを参照し各機器へ伝達、情報を収集、そしてそのデータを再びクラウドなどのサーバーへ。 そんなシステム構成も企業提案の一つになるのではないでしょうか。

小型パソコンといっても OSのサポート面から忌避された、Windowsベースで、ディスプレイ、本体、ドライバなど必要としたPCから、
「何処の場所でもつながる」ことを前提とし、携帯電話から進化してきたデバイスに 一部は大きく成り代わる事ができるようになるでしょう。

この構成が成り立つ場所であれば、『情報を機器に集約する事』、『情報を活用する事』にサーバー以外はこの機能に集約、二極化されてきます。

私たちの求められるシステムは 物理的にも、機能的にもシンプルさを求められます。機能も絞られ、開発やトラブルもより簡素化する。提供できる期間も短縮し、安定化させる。より多くの現場に役に立ち、フィットするシステムを提供する。
最適化【ミニマリズム】を意識し、トライ、チャレンジをしていくことが必要だと感じます。

令和4年 2022年 本年のテーマ

「-寅い(トライ)ミニマリズム- ~よりシンプルにつながりやすく~」

とさせて頂きます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

令和4年1月1日 株式会社ダックス 代表取締役 今井哲也


代表からのメッセージトップへ